2007年11月09日

闘病日記

安定剤の処方で、連れて出る事は無理なので家でできる方法として
飲み薬と座薬があるという事でしたので、現状口からは難しいと思い
座薬を出してもらうことにしました。

家へ帰り早速座薬を入れ少し様子をみていると体を撫でている時意外は
香箱座りをしていた麦が手足を伸ばし横になり少し感覚が麻痺してきた
ようでえづきも少しましになりました。

が、それと同時に呼吸も小さくなっていたのでもう長くはないだろう
と感じました。
ずっと就いていようか悩んだけれど翌日の仕事を口実に深夜2時頃寝室へあがりました。
でも本音はもしうとうとした隙に息を引き取っていたら
突然苦しみだしたら、、、いろんな恐怖に勝てなかったのです。

翌朝目が覚めてもなかなか下りる決心がつきませんでした。

昨日寝かせた状態で静かに息をひきとってくれていればいいのにと
思いつつもまだ生きていてくれる微かな望みも頭をかすめ
麦の居る洗面所を覗くよりも先に大声で泣き叫んでいました。

麦はキッチンからこちらを向いて倒れていたのです。

猫は死に際に姿を消すと言われていますが動物は死という概念が無く
苦しいと敵から身を隠す習性から見つからない事が多いので
そんな迷信が生まれたらしいので、本当なら洗面の隅に隠れて
いるはずなのに、リビングに出てくるなんて私を探していたのかも知れないと思うと、
なぜ傍についていてあげなかったのか、
本当に最後まで麦に辛い思いさせてしまったことが辛くて苦しくて
冷たく硬くなった麦を抱えて泣きながら何度も麦に謝っていました。

それでも仕事は休まず、ダンボールを探しバスタオルで包んだ
麦を寝かせてありあわせの保冷剤をのせパンがいたずらしないように
洗面の片隅に置き家を出ました。


ニックネーム 珠琳 at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする